DOK GAEW「ドークケーオ」

救助:2016年12月10日
死去: 2018年2月13日

愛情のこもった記憶

ドークケーオは、2016年に私達がプーケットエレファントサンクチュアリに迎え入れた最初の象の独りで、彼女の優しい精神と輝く目で知られていた。 彼女は「Orange Jasmine「オレンジ·ジャスミン」」の花にちなんで名付けられた。 60歳以上で彼女は私達の象の家族の「祖母」でった。

ドークケーオは生活の最初の50年間を伐採業界で働いていた。 彼女が重く丸太を運ぶには弱すぎるようになった時、観光客が乗るためにプーケットの象のキャンプに売られた。 しかし、この仕事でさえ疲れすぎて、ドークケーオが病気になって怪我をした時、彼女はもうキャンプで働くことができなかった。 

私達は彼女がキャンプで怪我をしていて非常に弱い状態にあるのを見つけた。 彼女の足は実はとても弱くて怪我をしたので、かろうじて立ち上がることができた。 私達のチームの支援を受けて、2016年12月10日にドークケーオを救出し、彼女をプーケットエレファントサンクチュアリに移動させることができた。 私達は極力彼女を強がして自信を持って成長するのを見ることができた。 

2018年2月13日に彼女が亡くなった日に、ドークケーオは彼女の過去から解放され、平和に暮らし、彼女の親友カンニカーとマーディーと共にこの聖域の周りをさまよっていた。 私達は彼女の死去に深く悲しんでいるが、彼女の命の最後の数ヶ月を自然の中で幸せに、そして平和に暮らして過ごしたことを嬉しく思っている。

CONTACT