MADEE(マーディー)

救助:2016年8月30日

マディーは正にに優しい象さんです。 冷静で落ち着いている彼女は69歳でカンニカと共にプーケットエレファントサンクチュアリを故郷と呼ぶ最初の象である。

マーディーは、タイ南部のナラティワート州で働いていた彼女の生活はほぼ全期間を過ごし、2009年に観光象になるためにプーケットに引っ越した。 彼女が最初に到着した時、彼女の世話人は彼女の左後肢と肩に開いた傷を見つけた。 

注意深い検査にもかかわらず、獣医師はこれらの怪我の原因を特定することができなかった。 彼が本当の原因を見つけたのは、象使い自身が数日間創傷をきれいにしたときだけだった。 

マーディーは多分素直にするために以前のマホウトによって撃たれた。 

幸いなことに、勤勉と苦しみの日々は今なくなり、マーディーは2016年9月20日にKannikaと共に美しい自然の中で新しい生活を始めた。

マーディーは新しく大きな家で、静かでリラックスした生活を送っている。 彼女の疲れた体を和らげるために私達のハイドロセラピープールで一日に何時間も過ごすことを好み、そして親友カンニカから切り離せない。

CONTACT