RICHY(リッチー)

救助:2018年1月25日
死去:2018年9月22日

 

愛着の想い出

70歳のリッチーはプーケットエレファントサンクチュアリで私達の「おばあちゃん」として知られていた。 ミャンマー国境と接するラノーン地方出身で、彼女は自分の身体と同じくらいの丸太を運ぶ伐採業界で何十年も過ごした。

それから彼女はプーケットのトレッキングキャンプに売られ、70歳近くまで観光客を背負っていた。これらの長年の努力の結果、リッチーの右前足には足首がねじれ、後ろ足は骨折していただけでなく、足の周りにきつく巻きついたチェーンの傷跡もあった。

創設者であるMontri Todtane「モントリ·トッドタネ」氏は、10年以上前に貧しい象に出会い、それ以来、彼女を一日救い、より良い人生を送ることを望んだ。

その日がついに2018年1月に移り変わった時、彼女はプーケットエレファントサンクチュアリの新象そして最後の家に引っ越しました。 70年間の勤勉と虐待の後、リッチーは新しい環境や友人に慣れるのに数週間かかった。

彼女は日々の大半を聖域の入り口近くのお気に入りの場所で彼女のマホウトと一緒に過ごしていた。残念なことに、2018年9月に、リッチーは彼女の怪我と疲れた体に屈した。 彼女はこの聖域で8か月しか住んでいなかった。それでも私達はこの時間が彼女に天国で待っていることを望んでいる。 

CONTACT