SAI TONG(サイトン)

救助:2018年4月19日

サイトンちゃんのプーケットエレファントサンクチュアリへの旅は、2018年2月にKoh Lanta(ランタ島)猛暑の中で木に縛られて貧しい象を発見した訪問者からの

メッセージから始まりました。

創設者モントリ氏とチームメンバーは、援助要請を受けてからパンドゥアン「Phang Duan」を訪問した。 骨が目立っている様にガリガリして疲れ果て体を揺すっていた暑さから脱水症状を起こした。彼女はまた足に感染した傷があった。彼女の “Duan「ドゥアン」”という名前は日本語で “不自由”を意味し、彼女の尾の一部が過去に他の象に噛まれて短くなったためにこの名を彼女に与えられたかもしれない。

飼主によると、ドゥアンがトラン県からクラビ県に移動して以前の飼主と一緒にバナナを販売し、毎日観光客で入浴する時間に耐えなければならない前に、タイ南部の伐採業界で長年働いていたことを知った。

2018年4月に彼女を拘束していた鎖がようやく外れ、彼女はランタ島からプーケットへの最後の旅を乗り出した。これからは55歳の優しい巨大動物の生活が変り果てた。

フェリーとトラックで5時間後、彼女は無事に到着した。 彼女の新しい名前はSai Tong(サイトン)、そして彼女の新しい家はプーケットエレファントサンクチュアリ。

CONTACT