SROY FAH(ソイファ)

救助:2018年2月8日

香りのよい紫青色の花に因んで名付けられたソイファちゃん(以前はTangmo(テーンモー)と称された)は、

2月8日木曜日にプーケットのトレッキングキャンプから救助された。 

元々スリン県出身で、ソイファは彼女の40代にいて、1つのトレッキングキャンプから別のものに売られている彼女の人生の長年を過ごした。 

彼女の頑固な性格とたっぷりとしたエネルギーのために、ソイファは自由に動き回るのが好きで、象使いもゲストも彼女の背中に乗れない。

その故に、キャップは彼女から多くを稼ぐことができないと思って彼女を売ることにした。 

プーケットエレファントサンクチュアリでは、頑固で元気いっぱいソイファにとって落ち着いてリラックスできる場所。そしてすべて象を大歓迎。

CONTACT