CATTLEYA(カッタリヤ)

救助:2018年11月22日

2018年10月、カッタリヤちゃんの前の飼主が象使いのベンツに連絡し彼は象の幸福になるようと懸念を表した。

45歳のカッタリヤはトラン県のいくつかの小さな伐採キャンプに出張しこき使われていた。その後飼育者による身体的及び精神的虐待に耐えながら、

毎日16時間以上重い木の引っ張り作業で虐げられていた。彼女のより良い将来性を望んでいた飼主は、休憩や回復ができる場所を探すのを決心した。

 クンベンツがカッタリヤの事情について知った時、彼は早速創設者のモントリ氏に通告した。そして、彼女に会うためにトラン県までドライブしてきた。

彼女の状態は予想以上に悪化した。 彼女の体は衰弱して重労働でもろく、皮膚感染症や寄生虫に苦しんでいることが判った。 彼女の救助決定は迅速になされた。

 数週間後、私達は再びカッタリヤを帰宅させるためにトラン県まで運転して行った。 彼女は素早くベンツを追いかけ、ためらうことなくトラックに乗り込んだ。カッタリヤはある伐採キャンプから次の伐採キャンプへトラックで運ばれたことに慣れていたので、プーケットへの5時間の乗車は問題なく進んでいた。 到着した時、太陽が既にカオプラテアオ国立公園の後ろに消えていた。 カッタリヤはトラックから降りて新しい避難所の暗闇の中に進んだ。 彼女はこれからの迎えてくる運転をほとんど知らなかった。

翌日、カッタリヤは既に水の中で動き回ったり、採餌したりして更に新しい象の仲間のと交流しているのを見ることができた。

彼女はプーケットエレファントサンクチュアリで毎日楽しむことが明らかに決心でき、私達は彼女と一緒にもっと幸せな日々を過ごしたいと思っていた。

CONTACT